【三脚なし】ミラーレスFUJIFILM X-E3で打ち上げ花火を手持ちで撮影してみた【おまかせフルオート作例】

写真・カメラの話

前回の記事では手持ち花火をX-E3で撮影してみた様子をお話しました。

 

前機のCanon X50ではオートフォーカスが全然効かず、シャッターが全く切れない状態でした。

けれど、FUJIFILM X-E3だとフルオート撮影でもバシバシ撮れる!

 

 

他のレンズや打ち上げ花火の場合ではどうかなと思っていましたが、今回撮影機会に恵まれることに。

 

 

結果は――

 

じゃーん。

 

個人的には、「思い出」として納めておくには充分に綺麗に撮れた~! と感じます。

 

 

家族で見に行った打ち上げ花火の思い出を残したい。

難しい設定はしないで、オートで撮れないものかしら。

 

そんな人に向けて他の作例と共にご紹介いたします!

 

スポンサーリンク

撮影について

撮影機材

 

手持ち花火撮影の時は、XF23mmF2 R WRという単焦点レンズを利用しました。

オート―フォーカスが早いレンズと言われているので、「もしかしたら他のレンズではあまり撮れないかな?」と思っていましたが、

このXF10-24mm F4 R OISでもバシバシ撮れました!

 

撮影方法

オートモード切換レバーをAUTOの位置にしてオートモードに設定する。

 

あとはすべてカメラにおまかせ!

 

撮影状況

  • 指定座席に座ったまま撮影
  • 花火との距離が割と近い

アナウンスの人は日本で一番近くで上がる花火ではないかと話されていました。

 

ちなみに場所はとしまえんです。

詳細 THANK YOU FOR EVERYTHING. – HANABI –

 

XF10-24mm F4 R OISとX-E3で打ち上げ花火を撮ってみた作例

椅子から動けないのでほとんど同じ構図ばかりですが。

「こんな風に撮れるんだね~」というのを感じてもらえたら幸いです。

 

怒涛の打ちあがりも、控えめな煌めきも。

光の量がどんどん変わるのに、カメラが全部オートで撮ってくれました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました