レンズの名称はややこしい? この2つだけ見ればOK!

写真・カメラの話

新しいレンズ欲しいな~。どんなのがあるか調べてみよう。

 

XF23mmF2 R WR

XF10-24mmF4 R OIS

XF16-55mmF2.8 R LM WR

XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

EF-S24mm F2.8 STM

EF24-70mm F2.8L II USM

・・・・・。

 

なんなんだー! 数字とローマ字ばかりでわからん! これはどんなレンズなの?!(困惑)

 

 

大丈夫! レンズの名称ってとてもシンプルなんだよ。

 

 

実はどのメーカーもあるルールにのっとってレンズの名称をつけています。

ここでは、最低限この2つをチェックすればそのレンズがどういうレンズかわかるようになる! ということをお伝えしていきます。

 

これを見れば、どのメーカーのレンズでもどんな特性を持ったレンズかわかるようになるよ!

 

ここでは、以下2つのレンズを例として見ていきましょう!

  • XF23mmF2 R WR
  • XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ

「〇mm」のところ 画角の数字をチェック!

まず見るべきところは「〇mm」や「〇-〇mm」と書いてあるところです。

これはそのレンズの画角を表しています。

画角とは
そのレンズが写しだせる画面の広さを表している。
・数字が小さい=広く写せる広角レンズ
・数字が大きい=遠くのものを写せる望遠レンズ
なので、例でいうと
となります。

「F〇」のところ F値の数字をチェック!

その次に見るべきところは「F〇」や「F〇-〇」と書いてあるところです。

これはそのレンズのF値をどこまで下げられるかを表しています。

F値とは
レンズの中にある光を通す穴の大きさを表している。
・数字が小さい=穴が大きい=光がたくさん通る
・数字が大きい=穴が小さい=光が少しずつ通る

 

光を通す穴の大きさは、撮影の時に設定で変えられます。

けれど、各々のレンズの構造によってここまでしか穴は大きくならないという限界があるのです。

なので、「F〇」や「F〇-〇」というのは、F値はこの数値まで下げられますよということを示しています。

 

あとはメーカー固有の表記なので調べてみよう!

レンズの名称は「〇mm」「F〇」以外の部分はメーカー固有の名称ルールです。

先ほどの例でいうと、

  • 先頭のXF、XC
  • F値の後ろのR、WR、OIS、PZ

の部分がそれにあたります。

先頭のXF、XCは、富士フィルムで出しているレンズの種類の違いです。

F値の後ろのR、WR、OIS、PZなどは、付随している機能や特徴を表しています。

・Rは、Ring (絞りリング)
・LMは、Linear Motor (リニアモーター)
・OISは、Optical Image Stabilizer (光学式手ブレ補正機構)
・WRは、Weather Resistant (防塵・防滴)
・PZは、Power Zoom(電動ズーム)

を表しています。

 

レンズに手振れ補正がついていたり、防塵・防滴機能がついていたりということは他のメーカーのレンズにももちろんあります。

けれど、ここの名称は統一されていないためメーカーによって表示が違うのです。

例えば、キヤノンでは同じ手振れ補正つきのレンズでも「IS」(Image Stabilization)という表示が使われています。

 

まとめ

一見ややこしそうに思えるレンズの名称。

「〇mm」と「F〇」の部分だけチェックすればそれがどんなレンズかわかるようになる! ということを説明しました。

 

是非レンズ選びの際の参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました