【いなフリ体験記】フリーランスになる術以上に見つけた大切なもの【いすみ10期】

未分類

2019年5月、千葉県のいすみ市で田舎フリーランス養成講座、通称いなフリに参加してきました。

 

参加を決めた経緯や目標などはこちらで詳しく書いています。

【いなフリ】参加の理由と目標について
2019年5月、千葉県のいすみ市で田舎フリーランス養成講座、通称いなフリに参加してきました。 実際の体験談はこちらで詳しく書いています。 本記事では、実際の参加者がどういう心持で参加を決めたかを書きます。 「どんな人が...

 

 

私のいなフリ1ヵ月での成果を言うと、
目標にたてていたサイト制作ですが、私はいなフリ中に案件を1件も受注しませんでした。
終わってこれからフリーランスとして稼げるようになったかというと答えは「No」です。

 

でも、それ以上に

自分がどう生きていきたいのか
なんで今まで生きづらかったのか
今後の人生の方向性をどうしたらよいか

を見つけることができた大変貴重な1ヵ月となりました!

 

本記事では、実際参加してどうだったのか?
フリーランスになりたいけどなれる気がしないとボヤいていた私が見つけた
フリーランスになる術よりも大切なものを書きたいと思います!

 

本記事はあくまで参加者一個人の成果・感想です。
きちんとフリーランスとしてやっていく術を手に入れ飛躍していった同期もいます!

いなフリに期待していたこと

自分で営業をかけて自分の責任で仕事を完了させる。

普通の企業で働いている人はもちろん、フリーランスなら特に必要とされるスキルではないでしょうか。

そこに苦手意識を持っていた私は、是非ともこの1ヵ月でその体験をし、
自分でもできるんだと自信につなげようとしていました。

自分の力だけでお金を稼ぐ。
できる人にとってはなんでもないことかもしれませんが、
私にとっては大きなハードルだったのです。

いなフリはどんなところであったか

人を育てる話でよくある例えに、
お腹がすいて魚を欲しがっている人に魚を捕ってあげるのか、
それとも魚の釣り方を教えてあげるのか、というものがあります。

 

私は、生きる術を得るために、魚の釣り方を教わりにいなフリに来ました。
いなフリの講師たちは、全力でそれをサポートしてくれます。

 

サイト制作・ライティング・ブログの分野を中心に
どうやったら仕事が取れるのか、継続して仕事にしてくために必要なことなど
スキルや営業方法など余すことなく教えてくれます。

 

でも、それ以上に

「本当に私が欲しいのは魚なのか?」

それを自問自答させて真っ向から向き合わせてくれる環境でした。

いなフリを過ごして見つけたもの

自分がどう生きていきたいのか

本当は趣味である絵や写真ともっと向き合っていきたい。
でもそんなので食っていけるわけがない。

好きなことを仕事にするために行動する以前の問題で、
そんなのできるわけがないとまったく考えていませんでした。

 

でも、いなフリの環境はなんだか特殊で、なんでも受け入れてくれます。
「本当はこういうことがしたい」と安心して口に出せる環境でした。

みんな、「その程度の熱意、スキルじゃ無理だよ」と否定的なことを言わないどころか

「画家をやってる人がいるよ! 会ってみたら」
「カメラマンいるよ! 話聞いてみたら」

とドンドン背中を押してくれる!

 

「これをやりたい」と口にして、それを否定されずにすむことがどれだけ安心したことか。

それどころか、むしろ応援してくれるという環境は初めての体験でした。

 

そうして、私はあれしたいこれしたいとメンターや講師、同期のみんなや先輩いなフリ生と話すうちに

「本当はこういうことをして生きていきたいんだ」とひとつの光のようなものを見つけていったのです。

なんで今まで生きづらかったのか

自分の場合、あるコミュニティに属するとそこで期待されるあるべき姿になろうとしてしまう

という癖があることがわかりました。

それは、50分間ひたすら自分のことを話すAIというワークと、
自己理解の講座で気づいたことでした。

自分の特性・やりたいやりたくない関係なく、苦しくても「あるべき像」になろうとしているのです。

今まで、社会がそう求めるから「こうならなきゃ」と思っていたけれど、
それは自分の特性・やりたいことを無視した虚像であったと。

それがわかったことがいなフリで得た最大のものでした。

これからも、ついつい「あるべき像」に縛られて苦しむかもしれない。
でも、理由がわからず翻弄されていた今までと違って、
原因がわかれば対処できるかもしれない。

自分の特性や向き不向きにもっと主眼を置いて働き方を選べばいいんだ! と思いました。

今後の人生の方向性をどうしたらよいか

楽しい! を基準に。

自分でサイト制作をやってる最中は楽しかったけど、これでお金をとらなきゃいけないとなると

途端に苦しくなる。

 

抱えている苦手意識を克服しないと、
まっとうな人間になれないとずっと思っていました。

 

でもそれを、「乗り越えなくてもいいんじゃない?」と
優しく諭してくれたのがメンターでした。

自分のできること、心地よいことを
少しずつ広げていけばいつか苦手でなくなるかもと。

長いこと自分を縛っていたものがするするとほどけていったのを感じました。

 

何もないと思っていた私に、こんなにできることあるじゃないと
見つけ出すお手伝いもしてくれました。

そうして見つけた沢山の「やりたい」の小さな芽を
これからゆっくりじっくり自分のペースで育てていく予定です。

まとめ

いなフリをきっかけに、人生の方向性が大きくガッと動いていきそうな予感です。

 

サイト制作ではお金は一銭も稼いでいないし、
苦手を克服して稼ぐという目標は1ミリも達成していません。

 

でも、「これだ」と見つけたこと。
本当にやりたいことに、逃げずに向き合おうと思ったらすっと軽くなりました。

 

たぶん、人生をかけて向き合っていくこと。

途中、上手くいかなくてしょげてしまうこともあるかもしれない。

でも、「そんな時はhinodeに帰ってくればいいんだよ~」と笑って迎えてくれる人たちがいる。

一緒に頑張ろうと言ってくれる同期たちがいる。

 

本当にかげないのないものを手に入れた1ヵ月でした!

心残り

もっと外に出て遊んだり電車乗ってどこか行ったりしてもよかったなぁと思います。

やりたいと思っていたサーフィンもダイビングもせずに1ヵ月を終えてしまいました。

楽しむ余裕がないくらい真剣に自分と向き合っていたんだなと。

 

でも、

ジブリ飯イベントに参加したり

 

 

飯盒炊爨で楽しく美味しくご飯を食べたり

 

星空を見に行ったり

 

みんなで蛍を見に行ったり

 

海で語り合ったり

いなフリ@いすみのコワーキングスペースhinodeから、歩いて数分の海岸。

hinode前の芝生で野球をしたり

 

BBQをしたり

 

花火をしたり

どれも青春すぎる。

 

 

十分とっても楽しい日々を過ごせました!
もっともっとみんなと遊びたかったな~と思うくらい。

 

自分と向き合いたい人も、海の近くの自然豊かな街での暮らしを楽しみたい人も。

いなフリ@いすみはおすすめです!

コメント

  1. […] 参考にどうぞ! 【いなフリ体験記】フリーランスになる術以上に見つけた大切なもの【いすみ10期】 | きのこガエル […]

タイトルとURLをコピーしました